スマートフォンサイトを見る

関西の放送業界が創った学校 放送芸術学院専門学校 メディアで活躍したい人集まれ!

  • トップ
  • 学校地図
  • 問い合わせ
  • 体験入学&説明会
  • 資料請求する
  • 姉妹校大阪アニメーションスクール専門学校
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • YouTube

タレント科
お笑い芸人コース
Comedian Course
最終目標
デビュー

プロのお笑い芸人と構成作家が直接指導。学外LIVEで、舞台度胸とファンを手に入れる!

プロのお笑い芸人と構成作家が直接指導。学外LIVEで、舞台度胸とファンを手に入れる!

自分たちの芸風を確立させるためのネタ作りの発想法やネタ帳の作り方、構成を学ぶと同時に、喋りの間や表現方法、アドリブを繰り返し練習します。講師は、本校学校長をはじめ、『めちゃ×2イケてるッ!』構成作家・元祖爆笑王先生ほか、TV・舞台で活躍中の漫才師などのプロが勢ぞろい。「ネタ見せ」の授業では厳しいチェック&アドバイスがもらえます。また、学内外公演やイベントにも多数出演。舞台度胸と表現力を磨いてデビューをめざします。

コースデータ
就学期間 2年
学期 前後期制
1クラス定員 20名×1クラス
1コマ時間数 90分
週授業時間数 15コマ/週
年間授業週数 30週

めざす業界

  • 芸能プロダクション
  • お笑いタレント事務所

めざす職業

  • 漫才師
  • バラエティタレント
  • ピン芸人
  • コメディアン
  • 喜劇俳優
  • 構成作家

お笑いコンビを動画でチェック

ラストライド

ハンセンナンセン

キャラメルわーるど。

 

ガミガミ

その他の動画はYoutubeへ

Close up!

東京で開催!
お笑いプロダクション合同オーディション!
東京で開催!お笑いプロダクション合同オーディション!
【参加企業】太田プロ、マセキ芸能社、サンミュージック、ワタナベエンターテインメント、ホリプロ、ソニー・ミュージックアーティスツ他多数
吉本新喜劇座長・すっちーさんと一緒に、
YES THEATERでのライブに出演!
吉本新喜劇座長・すっちーさんと一緒に、YES THEATERでのライブに出演!
本校卒業生で、吉本新喜劇座長のすっちーさん、同じく卒業生のガリガリガリクソンさんや、スマイルさんなどが出演するお笑いライブに、在校生芸人も出演。230人以上のお客さんを前に芸を披露するとともに先輩芸人からの洗礼も受け、プロのレベルの 高さを再認識する場となりました。

教えて先輩!〜キャンパスライフ〜

田中さん(右)・椋橋さん(左)

「らしさ」を見つける!それが今の僕らの課題です。

ハンセンナンセン
田中さん(右) 兵庫県出身 ツッコミ
椋橋さん(左) 大阪府出身 ボケ

  • ・お笑い芸人コース

今年は『Laugh pedia』や『やおーん!』など、大きな舞台に出させてもらうことが多かったです。神戸のユニバー記念競技場では『UNIVER祭』という1万人規模の学外イベントでMCも担当しました。(椋橋)学内ライブでは観客も身内なので、何をやってもウケるけど、学外は違います。当日のお客さんの雰囲気に合わせて、ネタを変更するなど臨機応変に対応することが大切だなと実感しています。(田中)

★必須アイテム

  • スマホ
  • 英会話の教科書
  • 飲み物
  • 衣装
  • ネクタイ

  • 時計
  • 台本
  • メガネ
  • チケット
  • 相方を思いやる気持ち!

スマホは、完成したネタの所要時間を計ります。ネタ見せの授業では、僕ら正統派漫才なんで、きちんと衣装を着てネクタイ締めてやります!英語の教科書は、二人とも苦手なので...(笑)。

必須アイテム

お笑い芸人コースで学ぶ科目

ネタ作りを学ぶ
ネタ作り
ネタ見せ(芸人)
ネタ見せ(構成作家)
お笑い発想法
話し方を学ぶ
滑舌・アクセント
フリートーク
MC実習
笑いの思考術
お笑いセンスを磨く
バラエティ番組制作
お笑いライブ制作
ショートムービー制作

プロ勢ぞろい! 講師

  • 澤田隆治学校長
    日本映像事業協会会長。日本のお笑い界をつくった第一人者。
  • 元祖爆笑王先生 [構成作家]
    『めちゃ×2イケてるッ!』『爆笑レッドカーペット』など人気番組の構成を担当。
  • 小倉マサ志先生 [構成作家]
    『ZAIMAN』などの構成作家を務めるほか、中川家、千鳥、南海キャンディーズ、ストリークなどのネタ作りにも携わる。
  • ながいまる先生 [構成作家]
    吉本倶楽部、イベント構成・企画・進行など、お笑いライブ「コメディスタジアム」「C★MAN」を主宰。
放送芸術学院専門学校についてもっと詳しく!

資料請求

体験入学 相談会

PageTop

PAGE TOP