スーパーメディアクリエイト科 2018年新コース
総合ゲームコース
Game Course
最終目標
就職

3年間で“即戦力”として活躍できる
総合ゲームクリエイターを育成!

ゲーム業界で活躍するため、3年かけて幅広い知識と高度な技術を学びます。1年次は豊富な実習を中心に、基礎力+企画力+コミュニケーション能力をしっかりと身につけます。2・3年次は、それぞれの個性に合わせた授業でクリエイティビティを高め、ゲーム業界で総合的に活躍できる人材を育成します。

  
コースデータ
就学期間 3年制

めざす職業

  • ゲームプランナー
  • ゲームプログラマー
  • ゲームグラフィッカー
  • ゲームディレクター   など

オープンキャンパス

日本のゲームディベロッパーであるSWERYさんにインタビュー!

高い専門性と、深い知識。それに裏打ちされた独創性のある人間が、この業界で活躍できます。
Q.今のゲーム業界で求められる能力とは?
ゲームエンジンの一般化が進む中で、誰でも簡単にゲームを作って発表できる時代になりました。そんな時代の中、プロとして業界の第一線で活躍したいと思うなら、オリジナリティを持った人物でいなければなりません。さらに、その発想や発言の裏側には、きちんとした専門知識に基づく技術的な裏付けがなければならないのです。我々の業界が求めているのは、そんな両輪を兼ね備えた天才です。
Q.専門学校で学ぶべきことは?
ゲーム制作と聞くと、部屋にこもってパソコンの前でじっと座っているようなイメージを持つかもしれません。しかし、実際にゲームを作るためには多くの一般的な知識も必要になりますし、常に新しい技術と向き合わねばなりません。そういう意味で新しいものから逃げないこと。常日頃からアンテナを伸ばして、なんでも吸収してやろうという気概を持つことが大切。世界は広く、情熱に溢れ、あなたの表現を妨げるものは存在しないという、そんな「気づき」を学んでもらえたらと願います。
Q.今後「ゲーム業界」はどう変化していくか?
VR(仮想現実)やAI(人工知能)をはじめとする新技術の波と、コンテンツのグローバル化の波。その二つの波が、現在のゲーム業界には訪れています。新技術の台頭により、コンテンツを提供するプラットフォームを選定する審美眼も必要となってきているのです。今や欧米だけではなく、中国をはじめとするアジア諸国、それにロシアやオーストラリア、南米、中東などでも世界的ヒットを飛ばす実力者が登場しています。「どんな技術で」、「どんな場所で」の二つの波は、日々進化し、変わり続けているのです。それらをどのように乗り越えていくか?それが我々日本のゲーム業界に課せられる課題となるでしょう。
SWERY
ゲームディレクター・プロデューサー・シナリオライター・作家
SWERY
株式会社White Owls 代表取締役
 
[主な受賞歴]
● [Red Seeds Profile](洋題:Deadly Premonition)制作後、「最も評価のわかれるサバイバルホラー」としてギネスワールドレコードに認定。同作は最も驚かされた良いゲームとしてGame Spot アワード他多数の賞を受賞。●2010年[全米で最も影響力のあるクリエイター50人]に選出。ゲームデザイナー部門にて、全米6位にランクイン。● [D4: Dark Dreams Don’t Die] はXbox One にて全世界142万ダウンロード達成。同作品が次世代の新規IPを称賛するアワード[GDC Next] にてTOP10に選出。ほか受賞歴多数。

放送芸術学院専門学校についてもっと詳しく!

  • 大阪アニメーションスクール
  • 北海道にお住まいの方はこちらSSM-札幌スクールオブミュージック専門学校 SBA-札幌放送芸術専門学校