映画・ドラマ制作の仕事

カメラマン

カメラマン
監督の持つイメージを把握し、アングル、フレームワーク、光の方向や量などを考慮・計算して映像を作り上げる。

カメラマンになるには

編集・MA

編集・MA
撮り上がった断片的な映像と音をつなぎ合わせて1本の作品へまとめ上げる演出の最終的な部分を担当。

編集・MAになるには

ミュージックビデオディレクター

ミュージックビデオディレクター
アーティストの楽曲のイメージに合わせて、映像の企画、演出、撮影、編集などのすべてをまとめていく。

ミュージックビデオディレクターになるには

照明

照明
シーンにふさわしい光を作り、時間や季節や空気感までをも表現。機材管理から操作まで、照明のすべてに責任を負う。

照明になるには

監督

監督
製作現場の最高責任者。制作上の一切の指示を取り仕切りコントロール。その発言は作品に大きく影響する。

監督になるには

録音

録音
撮影現場でセリフや周囲の音などを収録する。ロケの多い現場では録り直しができないため、確実さと慎重さが必要。

録音になるには

放送芸術学院専門学校についてもっと詳しく!