スマートフォンサイトを見る

関西の放送業界が創った学校 放送芸術学院専門学校 メディアで活躍したい人集まれ!

  • トップ
  • 学校地図
  • 問い合わせ
  • 体験入学&説明会
  • 資料請求する
  • 姉妹校大阪アニメーションスクール専門学校
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • YouTube

メディアクリエイト科
映画ドラマ制作コース
Film Making & TV Drama Course
最終目標
就職

映画・ドラマ作りに必要なのは総合力。作品制作を通じて、現場が求める力を習得

映画・ドラマ作りに必要なのは総合力。作品制作を通じて、
現場が求める力を習得

いま、映画やドラマは、小説・コミック・インターネットなどとのメディアミックスが進み、エンターテイメントビジネスの中核となっています。その制作現場で求められる人材は、情報に敏感で発想力に富み、フットワークに優れる人。このコースでは制作実習や業界研修を重視し、企画からシナリオ、演出、撮影、編集、さらにはマーケティング、宣伝に至るまで、映画・ドラマ作りに必要な総合力を身につけます。

コースデータ
就学期間 2年
学期 前後期制
1クラス定員 20名×1クラス
1コマ時間数 90分
週授業時間数 15コマ/週
年間授業週数 30週

めざす業界

  • 映画製作会社
  • 番組制作会社
  • ミュージックビデオ制作会社
  • CM制作会社
  • ドキュメンタリー制作会社
  • 撮影技術会社
  • 照明技術会社
  • 特殊機材会社
  • ポストプロダクション

めざす職業

  • 映画監督
  • 脚本家
  • ディレクター
  • カメラマン
  • 撮影監督
  • 照明技師
  • 録音技師
  • 編集技師(リニア・ノンリニア・テロッパー)
  • タイムキーパー
  • 映画予告編制作
  • 特機
  • 映画宣伝

Close up!

内野聖陽・吉本実憂主演
映画『罪の余白』プレミアム試写会とワークショップ開催!!
内野聖陽・吉本実憂主演 映画『罪の余白』プレミアム試写会とワークショップ開催!!
劇場公開前に映画『罪の余白』を鑑賞した後、監督・脚本を務めた大塚祐吉監督、二村慈哉プロデューサー、安藤加奈役を演じた女優・吉田美佳子さんが登場!!撮影秘話や役作りのテクニックはもちろん、監督とプロデューサーの役割の違いや、監督と俳優の関係などを講義。鑑賞後すぐのワークショップだけに、学生たちも大興奮の時間でした。
プロの現場へ直結!他に類を見ない圧倒的現場の数!
プロの現場へ直結!他に類を見ない圧倒的現場の数!
業界との太いパイプを活かした業界研修や産学共同教育プロジェクトなど、プロの現場を経験できる場がたくさん。現場を経験すればするほど、就職のチャンスも広がります。もちろん、作品のエンド クレジットには自分の名前が! 一生残る作品に携わるチャンスです。
【学生参加作品】
『テラフォーマーズ』『シン・ゴジラ』『無限の住人』『神さまの言うとおり』『るろうに剣心シリーズ』『クローズZERO』『寄生獣』『プリンセストヨトミ』『許されざる者』など多数!!

教えて先輩!〜キャンパスライフ〜

青山さん

「同じ目標を持つ仲間がいるから頑張れる!」

青山さん

  • ・映画ドラマ制作コース
  • ・大阪府出身

将来は人を勇気づけられるようなハッピーエンドの映画やドキュメンタリーを撮る監督になりたいです。2015年10月公開の映画『罪の余白』の大塚祐吉監督や女優の吉本実憂さんが学校に来てくださり、役に入り込むための撮影秘話を聞けたのはとても印象的でした。放課後は毎日みんなで残って自主制作映画を撮影しています。ホラーと恋愛をミックスしたストーリー!?で、僕は助監督として演出を担当しているんですよ。

★必須アイテム

  • タオル
  • ノート
  • 黒板消し
  • 登場人物表
  • USB
  • ペン
  • カチンコ
  • チョーク
  • ノートパソコン
  • カメラ

ノートパソコンは台本を書くときに使います。ノートにはカット割りを書いて、撮影の計画を立てます。カチンコには、撮影時にシーンやカットナンバーを書きます。カメラは、プロの現場でも使われているPMW-F55という「超たかぁっ~い」機材です。

必須アイテム

映画ドラマ制作コースで学ぶ科目

社会人スキルを学ぶ
ビジネスコンピュータ
ビジネスマナー
英会話
就職対策など
演出を学ぶ
シナリオ創作
監督・演出
映像研究 など
映画・ドラマ制作を学ぶ
映画ドラマ制作
ショートムービー制作 など
技術を学ぶ
照明
撮影
録音・MA
映画ドラマ編集
小道具、装飾 など

プロ勢ぞろい! 講師

  • 前田茂司先生 [映画プロデューサー]
    有限会社楽映舎・代表取締役。映画作品としては『無限の住人』『テラフォーマーズ』『藁の盾』『神さまの言うとおり』などを担当
  • 瀧川元気先生 [助監督]
    有限会社スタジオ-884・代表取締役。『逆転裁判』『愛と誠』ドラマ『QP』NHKBSプレミアム『謎解きライブ』をはじめ、CM・MVなど様々な分野で活躍
  • 齋藤進之介先生 [ 助監督]
    日テレドラマ『HIGH&LOW(EXILE TRIBE]』『桜姫』『忍たま乱 太郎夏休み大作戦の段』などの助監督として活躍
  • 飯田健三郎先生 [脚本家]
    『柘榴坂の仇討』『聯合艦隊司令長官 山本五十六』『真夏のオリオン』『亡国のイージス』『ミッドナイトイーグル』『ホワイトアウト』などの脚本家として活躍
放送芸術学院専門学校についてもっと詳しく!

資料請求

体験入学 相談会

PageTop

PAGE TOP