メディアクリエイト科
映画ドラマ制作コース
Film Making & TV Drama Course
最終目標
就職

映画・ドラマ作りに必要なのは総合力。
作品制作を通じて、現場が求める力を習得

いま、映画やドラマは、小説・コミック・インターネットなどとのメディアミックスが進み、エンターテイメントビジネスの中核となっています。その制作現場で求められる人材は、情報に敏感で発想力に富み、フットワークに優れる人。このコースでは制作実習や業界研修を重視し、企画からシナリオ、演出、撮影、編集、さらにはマーケティング、宣伝に至るまで、映画・ドラマ作りに必要な総合力を身につけます。

コースデータ
就学期間 2年制
1コマ時間数 90分
週授業時間数 15コマ/週

めざす業界

  • 映画製作会社
  • 番組制作会社
  • ミュージックビデオ制作会社
  • CM制作会社
  • ドキュメンタリー制作会社
  • 撮影技術会社
  • 照明技術会社
  • 特殊機材会社
  • ポストプロダクション   など

めざす職業

  • 映画監督
  • 助監督
  • 脚本家
  • ディレクター
  • カメラマン
  • 撮影監督
  • 撮影助手
  • 照明技師
  • 照明助手
  • 録音技師
  • 録音助手
  • 編集技師(リニア・ノンリニア・テロッパー)
  • 編集助手
  • 美術・装飾
  • 映画予告編制作
  • スクリプター
  • 特機
  • 映画宣伝   など

オープンキャンパス

Close up!

プロの現場へ直結!
他に類を見ない圧倒的現場の数!
プロの現場へ直結!他に類を見ない圧倒的現場の数!
業界との太いパイプを活かした業界研修や産学連携プロジェクトなど、プロの現場を経験できる場がたくさん。現場を経験すればするほど、就職のチャンスも広がります。もちろん、作品のエンドクレジットには自分の名前が! 一生残る作品に携わるチャンスです。
映画ドラマ制作コース卒業制作作品『hina』
第11回TOHOシネマズ学生映画祭にてグランプリを受賞!!
映画ドラマ制作コース卒業制作作品『hina』第11回TOHOシネマズ学生映画祭にてグランプリを受賞!!
2017年3月に東京で開催された、TOHOシネマズが主催する映画祭「第11回TOHOシネマズ学生映画祭」に映画ドラマ制作コースの卒業制作作品『hina』をエントリー。200本以上の過去最高エントリー数となった本映画祭において、ショートフィルム部門におけるグランプリと特別賞であるROBOT賞をダブル受賞!映画祭史上初の快挙となりました。

映画ドラマ制作コースで学ぶ科目

社会人スキルを学ぶ
ビジネスコンピュータ
コミュニケーションスキルアップ
グローバルコミュニケーション
就職対策講座 など
演出・技術を学ぶ
撮影・照明
録音・MA
映画ドラマ編集
グラフィックデザイン
ノンリニア編集
映像演技
JPPA試験対策 など
映画・ドラマ制作を学ぶ
シナリオ創作
シナリオマスター
映画ドラマ制作 など

プロ勢ぞろい! 講師

  • 瀧川元気先生 [プロデューサー]
    有限会社スタジオ-884代表取締役。『逆転裁判』『愛と誠』の助監督経て、NHK『謎解きライブ』『HiGH&LOW』シリーズなどに携わる。映画『恋のしずく(2018年公開)』ではプロデューサーを担当。
  • 齊藤進之介先生 [助監督]
    『HiGH&LOW』シリーズ全ての作品に助監督として参加。ゲームアプリ『シャドウバース』のCM制作・MVなどを担当。
  • 大淵博道先生 [撮影技師 ]
    映画『ゼロからの風』『恋のしずく(2018年公開)』をはじめ、映画・ドラマ・CMなどその活躍は多岐に渡る。
  • 飯田健三郎先生 [脚本家]
    『柘榴坂の仇討』『聯合艦隊司令長官 山本五十六』『真夏のオリオン』『亡国のイージス』『ミッドナイトイーグル』『ホワイトアウト』などの脚本家として活躍

放送芸術学院専門学校についてもっと詳しく!

  • 大阪アニメーションスクール
  • 北海道にお住まいの方はこちらSSM-札幌スクールオブミュージック専門学校 SBA-札幌放送芸術専門学校