TV番組制作の仕事

AD

AD
ディレクターの助手をつとめる。スタッフ食事手配やタレントのお世話、撮影の準備、リサーチなど、仕事は多岐に渡る。

ADになるには

ディレクター

ディレクター
全員に指示を出すまとめ役。オンエア・ディレクターやフロア・ディレクターなどに分かれる。

ディレクターになるには

スタジオ
カメラマン

スタジオカメラマン
ディレクターの演出を理解しイメージを映像に作る。理解力、表現力が求められる。

カメラマンになるには

音声

音声
番組に必要な音を管理。スタジオやロケの集音とミキシングが主な作業。ロケではよりクリアな集音が求められる。

音声になるには

照明

照明
照明プランナーが演出意図に合わせ作成したプランに従い、照明機材を設置。スタジオやロケ現場の光を演出。

照明になるには

構成作家

構成作家
企画立案や、番組全体の構成を考え、台本を作成する作家。

構成作家になるには

編集

編集
撮影した映像を編集し、番組のVTRを仕上げていく。

編集になるには

スイッチャー

スイッチャー
複数のカメラで撮影している全カメラマンに指示を出し、映像を切り換える操作をおこなう

スイッチャーになるには

タイムキーパー(TK)

タイムキーパー(TK)
CMや中継など、番組内の時間を計算し、管理するスタッフ。

タイムキーパー(TK)になるには

ビデオエンジニア(VE)

ビデオエンジニア(VE)
放送などの映像制作で技術の中核となるシステムを運用管理し、信号を正確に次のエンジニアに伝える役目をする。

ビデオエンジニア(VE)になるには

ミキサー

ミキサー
声や音質などを調整したり、曲やナレーション、CMなどを組み入れたり、聴きやすく演出効果の高い音を作る。

ミキサーになるには

放送芸術学院専門学校についてもっと詳しく!

  • 大阪アニメーションスクール
  • 北海道にお住まいの方はこちらSSM-札幌スクールオブミュージック専門学校 SBA-札幌放送芸術専門学校